地震

関東地震の予測システムを活用すれば、事前に対策ができる

地震を知らせる

最新の研究によって、地震の予測が可能となりつつあります。これから起こると言われている、関東地震の予測も可能でしょう。このような予測システムを活用することで、事前に対策を取ることができます。どのように予測するのか見ておきましょう。また、便利な防災グッズについても紹介していきます。口コミも見ておきましょう。

災害が発生したら

地震計

避難の仕方

地震が発生すると、避難する必要も出てくるでしょう。速やかに避難するための知識を身に付けておく必要があります。このページをチェックしておきましょう。

READ MORE

[PR]

関東地震が予測されている。
目を通しておこう!

システムについて

日本

事前に知らせる

地震予測システムなら、地震の発生を事前に予測することができると言われています。関東地震も予測することができるでしょう。基本的に地震の発生時期はもちろんですが、規模を予測することも可能です。地震が発生する地域もピンポイントで特定することができるでしょう。そして、このような予測情報は随時、配信されます。地震の起こる1周間程前には予測情報を手に入れることができるでしょう。スマートフォンやタブレットなどで、情報を得ることができるのです。いつでも、どこにいても地震の情報を確認することが可能になります。また、情報サイトに会員登録するだけで利用できるので手軽です。誰でも利用することができるサービスとなっています。基本的な地震の予測エリアは、関東が中心です。これから、予測できるエリアも増えてくるでしょう。国民の防災意識が高まっている昨今、このようなサービスは欠かせないものとなってきているのです。そのため、多くの方がサービスを利用するようになるでしょう。

対策を施せる

地震が来ることが分かっていれば、有効な対策を施すことができます。特に、直下型地震の場合には、予測が大切だと言えるでしょう。直下型地震の場合は、いきなり縦に激しく揺れます。地震が発生するのが、分かっていない場合はパニックに陥ってしまうでしょう。被害が拡大してしまう恐れがあるのです。ですが、事前に地震が発生すると分かっていれば、被害を最小限に抑えることができます。食料品の確保や、避難経路のチェックができるのです。また、落ち着いて対応することができるので、パニックに陥ることもありません。プレート型地震の場合には、津波が発生する可能性もあります。津波に備えて、事前に高台へ非難することもできるようになるのです。予測システムによって救われる命は多いと言えるでしょう。現在では、地震発生の1周間程前から起こる異常を観測することができると言われています。これから研究がすすめば、もっと事前に地震発生を予測することができるようになるでしょう。

用意しておきたい防災グッズ

飲料水

災害時に最も重要となるのが、飲料水だと言われています。基本的に1日で一人3リットル程の水が必要とされているのです。例えば、2リットルのペットボトル12本から18本が、家族3人分となります。この量でおおよそ3日から4日分の量です。ただ、飲用のみの量なので注意が必要となります。トイレや洗顔などに水を利用することもあるからです。この場合、3日から4日は持たないでしょう。まずは、飲用だけで3日から4日程過ごせる量を事前に確保しておきます。

非常食

食料の確保も大切です。非常食を常備しておくと良いでしょう。非常食は長期間保存できる食品が理想です。目安としては、保存期間が2年から5年程の食品を選びます。例えば、クラッカーや乾燥パンなどです。他にも缶詰やレトルト食品、インスタント食品などが挙げられます。基本的に火を通さなくても食べられる食品を用意しておきましょう。災害時はガスや電気が利用できなくなる可能性があるからです。安価な食品を非常食として常備しておけば安心できるでしょう。

衣類

基本的に重ね着ができる衣類を用意しておきます。夏場でも、雨が降れば気温が下がるからです。野宿をする可能性も考慮しておきましょう。基本的に下着類や靴下、毛布などをいつでも使えるように準備しておきます。これらの衣類は避難所にも持ち込むことができるでしょう。すぐに持ち出せるよう、コンパクトにまとめておくのがポイントです。また、雨具や軍手、カイロなどがあれば便利だと言われています。タオルやウェットティッシュ、ビニール袋なども用意しておきましょう。

停電用のグッズ

大きな地震が起こると、停電することがあります。計画停電のように、意図的に停電させることもあるでしょう。停電に備えて、防災グッズを用意しておくと安心です。まずは、ライターやマッチ、懐中電灯やろうそくを用意しておきます。電池の予備もストックしてきましょう。また、携帯ラジオを持っていれば、災害の情報などを入手することができます。基本的に手巻きで充電できる携帯ラジオが人気です。懐中電灯は頭などに装着できるタイプが好ましいでしょう。

防災グッズの口コミ

水がいらなくて便利【30代男性】

基本的に震災時は水が使えなくなりますよ。なので、歯磨きなども大変でした。僕はマウスウォッシュを使ってたのですが、これが便利です。水を無駄にせずに口の中を清潔にできます。

火がなくても安心【40代女性】

震災に遭った時に、火が使えなくなって大変でした。非常食に缶詰やクラッカーを用意しておいて良かったです。火を通さずに食べれる非常食があれば、食事に困らないですよ。

正直邪魔だった【20代男性】

役に立つだろうと思って、割り箸とか紙コップとか用意してましたけど、ハッキリいって邪魔です。基本的に、非常食って手で食べられますからね。ただ、ビニール袋は重宝しましたよ。

思ってたより寒い【20代女性】

夏場でも、夜になると意外と寒かったです。念のため羽織るものを用意してましたけど、それでもちょっと寒いと思いました。できるだけ、暖かい服を持ってないと大変ですよ。

ラジオは便利【50代男性】

念のため、携帯ラジオを持っていました。交通情報や天気予報などが確認できて良かったです。スマホは充電が切れそうで使いにくいし、情報を入手するのに携帯ラジオは重宝しますよ。

広告募集中